金魚

風鈴屋涼しさこぼしつつゆけり

 風鈴売りは夏の風物詩。涼しさこぼしつつ風鈴の音の余韻がいつまでも耳に残る。風鈴は中国
からの伝承で、初めは上流社会のものであったが、江戸時代以降は庶民の鎖夏風趣の一つとして
広まった。


戻る